KEK-Cosmo 2018 Workshop

宇宙重力波検出への期待

2018/1/23-26
KEK理論センター (研究本館会議室3)

アメリカのLIGOや欧州のVirgoにより、連星ブラックホールや連星中性子星からの合体に伴う重力波が相次いで検出されるようになった。特に連星中性子星合体GW170817では電磁波信号も同時に観測され、重力理論を始めとする様々な興味深い物理に対して重大な示唆が得られつつある。今後も地上検出器では連星合体や他にも様々な天体からの重力波が見つかる見込みが高く、また日本のKAGRAやさらなる高感度の将来計画も進展しつつある。

一方、今後20年程度でNASA/ESAの共同によるLISAや日本のDECIGO、あるいはパルサータイミングアレイやCMBのBモード偏光といったものまで、宇宙空間での重力波検出も計画されている。これらは地上観測よりも低い周波数領域を対象とし、銀河の中心にある超大質量ブラックホールや、インフレーションに代表される初期宇宙での物理過程に由来する重力波が検出される見込みが高い。

そこで今回KEK-Cosmo 2018として、将来を見据えて宇宙で検出されるであろう重力波源についての理解を進めることを目指し、スクール形式の研究会を開催する。宇宙で検出される重力波を精力的に調べている理論研究者を招き、それぞれ90分の講義2-3コマと60分のセミナーとを実施していただく。講義は主に板書で行っていただくことを予定している。会場の都合上、参加者は30名程度が上限になる見込みである。この研究会は、KEK研究プロジェクト宇宙で探る基礎物理の一環として行われる。

講師

プログラム (予定)

1/23 (火)

12:30-13:00 レジストレーション
13:00-13:05 冒頭の挨拶
13:05-14:35 中山和則-講義1
14:55-16:25 瀬戸直樹-講義1
16:45-18:15 中山和則-講義2

1/24 (水)

9:00-10:30 瀬戸直樹-講義2
10:50-12:20 佐合紀親-講義1
13:20-14:50 黒柳幸子-講義1
15:10-16:40 中山和則-講義3
17:00-18:00 瀬戸直樹-セミナー
19:00- 懇親会@月の華

1/25 (木)

9:30-11:00 佐合紀親-講義2
11:20-12:20 中山和則-セミナー
14:10-15:40 黒柳幸子-講義2
16:00-17:30 佐合紀親-講義3

1/26 (金)

9:00-10:30 黒柳幸子-講義3
10:50-11:50 佐合紀親-セミナー
13:30-14:30 黒柳幸子-セミナー

対象

大学院生・ポスドクを主な対象とさせていただきます。

登録料

講義中のお茶代として一律で500円を頂戴したく思います。
また、懇親会に参加される方は別途参加費をいただく予定です。

参加登録締切

締め切りました。 (2017/12/25)

参加登録

KEK共同利用者支援システムからKEKユーザー登録をしていただきます。
ユーザー登録の具体的な手順についてはこちらのpdfを見ていただく他、必要に応じて操作マニュアルもご参照ください。

無線LAN

上記のマニュアルをご参照ください。KEKではeduroamも利用できます。

旅費補助

国内からの参加者に関しては交通費・宿泊費の補助が可能です。
財源の都合により全員分の補助が難しい場合、大学院生を優先させていただきます。
宿泊を含め、申請される方はKEK共同利用者支援システムにログインし、こちらのpdfに従って手続きをお願いします。
なお、KEKドミトリーは宿泊開始日の45日前から予約可能となります。
ご不明点等があれば下記の連絡先までお問い合わせください。

連絡・問い合わせ

KEK理論センター 秘書 櫻井美知代
michiyo-AT-post.kek.jp

開催場所

研究本館1階会議室3
http://www.kek.jp/ja/Access/

世話人

久徳浩太郎 (Chair), 郡和範, 磯暁, 野尻美保子, 北野龍一郎, 遠藤基, 寺田隆広, 國分隆文, 広島渚, 森太朗, 長谷川拓哉
KEK理論センター http://www2.kek.jp/theory-center/theory/

KEK-Cosmo 2018は文科省卓越研究員事業, 科学研究費基盤(A)「21cm線観測を用いた新しい宇宙物理学」, KEKプロジェクト研究費の支援を受けて行われます。